BUSINESS FILED OF NFT
NFTの事業領域

NTTデータの戦略的グループ会社として、あらゆる金融情報システムの開発に関わっています。

政府系金融・銀行領域

日本の金融機能の中枢を
最新のITで支える。
  • 日本の金融機能の中枢を
    最新のITで支える。

    通貨の発行や銀行を相手とした資金の貸し出しを行い、また、通貨価値の安定といった金融政策を司ることから「通貨の番人」とも称される中央銀行。NFTは、1985年の設立以来、日本経済を支える金融の中核である中央銀行のシステム開発に従事してきました。とくに先進的な技術を求められる中央銀行の決済システムにおいて、これまでに一度もシステムダウンさせることなく安定的な稼働を実現し続けることで、金融政策の遂行や金融システムの維持といった経済の根幹を支え続けています。
    また、金融のグローバル化やライフスタイルの多様化、そして、フィンテック、IoT、ビッグデータ活用といった新技術に対する取り組みへの重要性が高まり、一般の金融機関においても、ますます高度化・多様化した大規模システムの構築が期待されています。NFTはこれまで培ってきたノウハウを活用し、投資・運用、預金者様へのサービスのレベルアップに欠かせない、今後もさまざまな情報システムを提供していきます。

    View Point

    • 130兆円の銀行間の資金決済をサポート
    • 巨額、かつ多種類におよぶ国債の発行・流通に
      関するシステムの開発。金融ネットワークを構築
    • 47都道府県の協同組織金融機関に
      関する共同システムの開発。
    • 大規模決済ネットワーク
    • バンキングシステム
    • 協同組合系システム
    • 独立法人系システム
    • 対外接続系システム

資金証券領域

高度化する資金証券ビジネスの
次世代戦略を支える。
  • 高度化する資金証券ビジネスの
    次世代戦略を支える。

    近年、証券業界では、国内外での事業買収や業務提携、統合による再編が加速し、その結果、外資系や銀行資本による証券会社の系列化が進みました。経済動向や株式市場の回復に伴い、2008年のリーマンショック前の水準まで業績を回復させてきた証券業界は、ここに来てまた、新たな転換期を迎えているといえるでしょう。金融機関においてはストックビジネスからフロービジネスへの移行やハイテク金融商品の開発、リスク管理の高度化といった課題が浮上しており、証券業界においては、国内外を問わない取引が拡大し、約定からの一連の処理を自動化する動きが加速しています。これらはいずれもシステムの構築・更改なくしては成り立たないものです。NFTでは、長年培ってきた金融業務に関する豊富なノウハウと高度な技術力を駆使して、資金証券ビジネスの次世代戦略を支援し、先端的な金融システム創出の一翼を担っていきます。

    View Point

    • 大手金融機関のグローバルな資金を
      効率的に管理するシステムの構築
    • 証券制度改革に伴う決済の高度化を
      実現する基幹系システム構築
    • キャッシュ・マネジメント・システム
    • 金融機関向け市場系取引管理システム
    • 信託銀行・証券会社向けシステム
    • 金融機関向けパッケージシステム

クレジット領域

ファイナンス関連の業務課題を
システム面で支援、構築する。
  • ファイナンス関連の業務課題を
    システム面で支援、構築する。

    日本の一般消費者のクレジットカード保有率は80%超とされる昨今、発行枚数は横ばいながらもカード支払いの頻度は上昇傾向にあるといわれています。また、訪日外国人の急増によるカード利用の拡大や、決済代行ビジネスの台頭、スマートフォン決済など利用シーンも広がり、クレジットカードビジネスは新たな局面を迎えています。NFTは、ファイナンス業界で培ってきた精微な分析力とNTTデータグループとしての先進的かつ総合的な技術力を最大限に駆使して、お客様のニーズをスピーディに実現。さらにはビジネスモデルそのものを変革へと導く新たなファイナンスシステムの創造に挑戦しています。今後もシステム構築のすべてのプロセスを通じてお客様をサポートし、クレジットビジネスの未来を切り拓いていきます。
    一方、リース分野でも、お客様の課題はさまざまに広がっています。例えば、海外市場の変動による影響、グローバル展開における設備投資の調整や抑制、新リース会計基準への対応などがあげられます。これらの課題に対して、NFTでは最適なファイナンスシステムを提供するため、ITのエキスパートとしてのノウハウとスキルを最大限に発揮。審査業務、契約管理業務、債務管理業務、リース会計業務など、リース分野で必要となる業務システムをコンサルティングから運用管理まで、一貫してマネジメントします。単なるシステム開発ではなく、提案型でプロジェクトを進めていくのがNFTの強みです。

    View Point

    • 法改正や業界動向に対応するシステム変更
    • 多様化・高度化する決済業務を支える
      システム開発
    • クレジットカードシステム
    • リースシステム
    • 決済システム

保険領域

オフショア開発、自動化プログラミングなど
先端技術でお客様の経営課題を解決。
  • オフショア開発、自動化プログラミングなど
    先端技術でお客様の経営課題を解決。

    少子高齢化による人口減少社会の到来、また、生命や暮らしを脅かす自然災害の多発など、リスクに対する人々の意識がますます高まり見せるなか、保険業界も経営戦略の大きな変革を求められています。1996年の保険業法の改正や規制緩和以降、自由化が進む保険業界では、各社とも、より独自性を打ち出した商品を開発し、窓販やインターネット、コールセンターなど、販売チャネルも多様化しています。
    そうした競争激化のただなかで、NFTは、保険業務に関する豊富なノウハウと高度なITを有するプロフェッショナル集団として、お客様の経営戦略を支える情報システムの開発を担っています。また、海外企業とともに取り組む「オフショア開発」によるコスト削減や、地域企業との「ニアショア開発」による開発の迅速化と高品質化、さらにプログラミングの工程を短縮し、高品質なシステムをいち早く形にする「自動化(ソースの自動生成)」など、保険システム開発のリーディングカンパニーとしての地位を確固たるものにしています。

    View Point

    • 生命保険会社、損害保険会社を支える
      基幹系・情報系システムの構築
    • 保険業界の共同利用型システムの構築と運用
    • 生・損保の基幹系システム
    • 生・損保の情報系システム
    • 生保共同化システム
    • 保険共同ネット

新技術領域

3つの事業部を横串でつなぎ、
既存ビジネスの進化・拡大と新規事業の創出
  • オフショア開発、自動化プログラミングなど
    先端技術でお客様の経営課題を解決。

    NFTの顧客である金融業界のお客様を含め、あらゆる産業で市場の変化が進んでいます。
    「企業中心から個人中心へ、モノからコトへの新サービス創造」「複数サービスを組み合わせたエコシステム形成」「ビッグデータの利活用による新たなビジネス提案」など、企業の業務フローや顧客接点の大変革を必要とする課題が今、いくつも迫っています。
    NFTの各事業部には、クラウド、セキュリティ、AI、RPA、生産技術、eビジネスなどの新技術領域を得意とする人財がすでに存在し、ミッションクリティカルな金融機関をはじめ、あらゆるお客様のDXやモダナイズという課題に対応してきました。
    急成長するデジタルトランスフォーメーションニーズを担い、新技術領域を中心に、技術力、人財力、デリバリ力を兼ね備え、NFTの新しい境地を切り拓くべく、既存3事業部を横串でつなぎ、既存ビジネスの進化・拡大と新規事業の創出を行いながら、世の中のデジタル変革を加速させます。

    View Point

    • デジタル変革をドライブする人財の創出
    • デジタル技術活用のNo1SIer
    • 既存3事業部との連携による既存ビジネスの進化・拡大
    • 新規ビジネスの創出
    • クラウド(AWS、Azureコンサル構築・維持)
    • セキュリティ(NW、Cloudコンサル構築・維持)
    • AI(審査など)
    • RPA(業務効率化/高度化)
    • 生産技術(Agile、UX、CI/CD SEPIG)

Page TOP