SPECIAL CONTENTS
NFT PROJECT
02

保険ITのプロフェッショナルとして、
ビジネスの革新に導く
システムを開発し、
お客様と一緒に
“挑戦”と“成長”を続ける。

  • 保険系
    • #アプリケーション開発
    • #挑戦
    • #新技術
    • #損害保険

損害保険業界では、近年、大規模な経営統合を伴う企業再編を繰り返し、熾烈な競争を行ってきた。独自性のある商品やサービスの拡充、販売チャネルの多様化など、保険ビジネスの優位性を実現するためにITシステムは欠かせない役割を担ってきた。NFTは、保険ITのプロフェッショナルとしてお客様企業の経営戦略を技術力でサポートし、お客様と一緒に“挑戦”と“成長”を続けている。

  • U.H氏顔写真
  • 保険領域 U.H
    2000年入社。理工学部卒。保険システム事業部に配属され、大手損害保険会社のメインフレーム担当となる。その後、経営統合によるシステム統合やお客様向けシステム開発などを手掛けて経験の幅を広げ、保険ITに精通するプロとして2019年、部長職に。
PICK UP NFT NFTの優位性
  • 保険業界の進化をITの面から支えてきた実績と経験
  • お客様の保険ビジネスを支える高い技術力
  • 高いプロ意識をもった人材が育つ環境
phase1

業界再編、
3大メガ損保誕生

大手損保会社の
メインフレーム担当として、
業界再編に伴う
ITのシステム統合、移行を経験

1990年代に始まった金融ビッグバンにより、保険ビジネスへの参入や料率の自由化が進み、損保業界の競争は激化。生き残りをかけた合併や経営統合が相次いだ。U.HがNFTに入社したのはミレニアムイヤーの2000年。保険システム事業部に配属された彼を待っていたのもお客様企業のシステム統合だった。

「当時の保険会社の主なITインフラは膨大な契約情報を処理するメインフレーム機で、経営統合に応じた顧客データとシステム統合を経験しました。新人だったので言われたことを一生懸命やって“できた”とシンプルにやりがいを感じていましたね」。

その後も再編劇は続き、U.Hらは大規模システム統合に追われる日々を送った。2010年には3大メガ損保ホールディングスが誕生するが、その後も競争が静まる気配はなかった。

ちょうどこの頃、日本は本格的なデジタルマーケティングの時代に突入する。保険業界を勝ち抜く上でITがより重要な鍵を握るものになっていった。

課題イメージ画像
phase2

デジタルマーケティング
時代の到来

入社7年目。開発リーダーに抜擢され、
コンシューマー向け
デバイスシステム開発に挑戦

携帯電話の国内普及率80%を超えたのは2008年のことだった。幅広い世代が日常的にネット検索をして商品や店舗の情報を得たり、ショッピングを利用し始めたのだ。保険業界も企業サイトや商品サイトを拡充し、デジタルマーケティングをいち早くスタートした。

「メインフレーム担当の仕事に慣れて周りを見る余裕もでき、何か違うことやってみたいと思っていたら、7年目に突然、契約者向け携帯電話サイトの開発リーダーをアサインされました。当時のNFTはメインフレーム中心で、コンシューマー向けやデバイスの画面の開発経験がある人は部内にほとんどいなかったのです」。

U.Hは周囲のサポートも期待できない中、まったく未知の領域に挑戦することになった。

「携帯電話キャリアのシェアを質問され、答えられずにいたら、社名にNTTがついているのに知らないのかと…。プロとしてお客様を失望させてはいけない、と思いました。しかも、コンシューマー向けのシステムは出来栄えが市場シェアにも影響する緊張感があり、プロ意識がないとできない仕事でした」。

その後も情報化の波はスピードを速め、損保業界はIT投資を拡大しながら保険ビジネスを進化させていった。U.Hは、ITのプロとしてあらゆる局面でお客様のビジネスを支える役目を担った。

取り組みイメージ画像
phase3

保険は変わる。
新たな時代に向かって

保険ビジネスの未来を見据えながら、
お客様に高い付加価値を提供する
ITのプロ集団へ

「入社当初に上司に教えられた“付加価値”という言葉をいつも意識しています。私たちは単に、お客様にとって必要な機能を提供しているのではなく、お客様がビジネスで優位性を獲得するための付加価値を提供しています」。

いまや部を牽引する立場になったU.Hは、培ってきた経験から、業界の将来像を見据えながらお客様企業の未来に導く価値を提供するための事業戦略を立て、人材育成にも取り組んでいる。

「損害保険はいま、大きな転換期に入っています。AIやセンシング、ブロックチェーン等の技術によって、保険商品そのものが今までとは異なるレベルで進化を遂げていくことが予想されます。たとえば、自動運転が当たり前になれば、保険は今とは違ったものになるでしょう。また、契約者の行動に応じて逐次保険料が算出される損害保険などが出てくるかもしれません。そうしたあらゆる場面で私たちの技術力が活かされます。今後も、お客様の新たな挑戦を着実に成功に結び付けていくため、私たちはこれまで以上に速いスピードで自らを進化させなければなりません」。

お客様がまだ見えていない未来に備え、U.Hはすでにスタートを切った。

結果イメージ画像

SPECIAL CONTENTS
NFT PROJECT

  • project01サムネイル 政府系

    “安定”を損なわず、先端技術を導入。国の財政を担う、国庫歳入金システムを再構築するレガシーマイグレーション案件に挑む。

    • #中央銀行システム
    • #挑戦
    • #開発
    • #金融
  • project02サムネイル 保険系

    保険ITのプロフェッショナルとして、ビジネスの革新に導くシステムを開発し、お客様と一緒に“挑戦”と“成長”を続ける。

    • #アプリケーション開発
    • #挑戦
    • #新技術
    • #損害保険
  • project03サムネイル 保険系

    デジタル革命の時代をお客様とともに生き抜くため、新たな開発手法に挑戦。コンテナ技術を採用したマイクロサービス化へ。

    • #デジタル革命
    • #挑戦
    • #コンテナ技術
    • #アジャイル型開発
  • project04サムネイル 新技術系

    企業OAシステムのパブリッククラウド化を目指し、実証段階からスモールスタートへ。プロジェクトの現場で育っていく、新技術の有識者。

    • #クラウド化
    • #挑戦
    • #人材育成
    • #若手社員
  • project05サムネイル 保険系

    いつかこのシステムに携わる誰かのために、たくさんのヒントを埋め込んでいく。技術は人から人に受け継がれ、進化する。

    • #メインフレーム開発
    • #技術継承
    • #レガシー
    • #革新
  • project06サムネイル 政府系

    経済の中枢を担うシステムだからこそ、品質に一切の妥協はできない。中央銀⾏における新資⾦決済システムのアーキテクチャを設計。

    • #中央銀行
    • #新資金決済システム
    • #挑戦
    • #アーキテクチャ
  • project07サムネイル 新技術系

    “仕事”の本質を変えていくRPAで、労働人口の減少、低い労働生産性など日本経済の抱える課題解決に貢献していく。

    • #ロボティクス
    • #AI
    • #デジタルトランスフォーメーション
    • #若手社員
  • project08サムネイル 金融系

    AIで膨大な数の稟議書を検索。融資審査の重要書類作成を支援する新たなソリューションの開発に挑む。

    • #バンキングシステム
    • #挑戦
    • #開発
    • #金融

Page TOP