PERSON

個人向けインターネットバンキングを
支える喜びと責任。

2017年入社

K.A

PROFILE
大学では経済学を学び、サークル活動ではゴスペルを歌っていた。就職活動については金融系IT企業を志望。自分が銀行口座を開設するとき、予想外に時間がかかったことが一つのきっかけとなり、そこでインターネットバンキングや電子決済に強いNTTデータ フィナンシャルテクノロジーに注目し、内定前の社員交流会などで感じたフランクな社風にも魅力を感じて入社を決めた。現在、個人向けインターネットバンキングシステムAnserParaSOLを扱う事業部で活躍中。
インターネットバンキングの改善、
向上をめざす

 ANSERは全国で500以上の銀行が利用している共同システムで、これによって窓口やATMで行う残高照会、振込、振替などの手続きをインターネット上でできるようにしています。
 ANSERには個人向けのAnserParaSOLと法人向けのAnserBizSOLなどがあり、私は入社以来、AnserParaSOLの業務を担当しています。システムについて一から知るところからはじめ、その後、オンライン電文変換ゲートウェイの変換定義追加、データベースの定義値修正対応などを手がけました。
 たまたまそうした機能を自ら利用する機会があり、やりがいを感じました。ある条件になると個人の融資限度額が変更され、通知メールが来る機能があるのですが、自分がその対象になったため、この機能をユーザーとして体験できたのです。同時に、日本全国の何百万人ものエンドユーザーが利用していることは、大きな責任感につながっています。

要件を明確に伝えるコミュニケーション力が重要
要件を明確に伝える
コミュニケーション力が重要

 現在、AnserParaSOLの次期更改対応に取り組んでいます。複数のサーバを段階的に更改し、それぞれ要件定義から結合試験まで実施します。
 仕事は協力会社と一緒に進めています。コーディング、入力確認、テストなどは協力会社に委託し、私は委託先メンバーの品質管理、進捗管理、問い合わせ対応などを行います。委託先への依頼のときに認識がわずかでもずれていると目的通りの成果物にならないため、コミュニケーションには気をつけています。定義、目的、条件などを明確にして要件を伝えることを心がけています。

リーダーとして成長できる環境がある

 チームリーダーの仕事ぶりを側で見て学ぶことは数多くあります。例えを二つ挙げると、一つは各メンバーへの作業配分や情報提供の仕方、もう一つは「正解のない問い」に対してロジカルに考え、最も優れた方法を導くことです。
 現在の案件では、基本工程から総合試験までを経験しています。またサブリーダー的な役割も任され、委託先の管理、NTTデータへの品質報告や生産性の計画なども教わりながら実行しています。さまざまな面から育てていただいていることを実感しています。
 今の目標は早くチームリーダーとなり、一人で主体的に仕事ができるようになること。さらに将来はプロジェクトマネージャーとして活躍したいと思っています。

MY PRIVATE

プライベートで最近ハマっているのがキャンプ。友人に誘われてデイキャンプをしたのがきっかけでした。何も考えず自然の中で焚き火をして、座っているととてもリラックスできます。山梨県に初めて冬のキャンプに行ったときは天気にも恵まれ、夜には星がとても美しく、感動しました。
このほか、同期と集まってフットサルを楽しむこともありましたが、現在は新型コロナのため、中断状態になっています。その点、キャンプは密にならない良さもあります。
また、当社は年休が取得しやすく、旅行やキャンプに利用しやすいのもうれしいところです。

ONE DAY SCHEDULE

10:00
テレワーク開始(週に4日はテレワーク、1日は出社)
一日の作業スケジュールをチームメンバに共有し作業を開始
10:10
メールチェック
10:30
OJT成果報告資料レビュー
トレーナーとして、育成社員が作成した報告資料をレビュー
11:00
問い合わせ対応
委託先からのシステムに関する問い合わせに対応
12:00
昼食
13:00
設計書レビュー
委託先が作成した設計書のレビューを実施し、成果物を確認
16:00
作業計画共有
チームリーダに今後の作業計画を共有し、要員等の相談を行う
17:30
夕会
一日の作業実績、明日の作業予定や全体周知事項を共有
18:30
テレワーク終了
上長にテレワーク終了と報告し、業務を終える

Page TOP